FC2ブログ
 

スポンサーサイト

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Guide
  •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
  •  …この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
  • Edit
  • TB(-)|
  • CO(-) 
 
 

テレビを見ながら。

テレビを見ながら。

東北地方太平洋沖地震と命名された今回の東北の大地震。

起きた時間は当然のように仕事してました。
丁度お仕事関係の仙台支社にいる方と電話をして切った十分後。
ラジオから「宮城県で震度7」と聞こえました。

私、過去の阪神大震災の時期は丁度日本にいなくて、4月まで国外に居た為よくわかりません。
唯一比べる事が出来る地震は、10数年前くらいに起きた「芸予地震」(正確には"平成13年芸予地震"だそうで)くらい。
そこで震度5強の体験。

それをはるかに上回る震度7が一体どんなものなのかあまり想像がつきません。

会社にはTVがありません。
冷静に考えたらワンセグ見れば良かったのに、そんな事頭にもよぎりませんでした。
ニコ生でもBAN覚悟でTV放送を流していてくれた人も沢山いました。

ラジオからはその後の情報は大して流れず、一応メールで「地震大丈夫ですか?」とのメールは送ってみました。
当然のように返信はきませんが。

その内TVを見たというもう一人の子から「千葉のコンビナートがすごい火事」との情報。

え・・・千葉?

そしてshatyouから電話。

「仙台が大事らしい。ライブカメラは見る事ができる?」

当然のように見れない。
道路情報も東北だけ調整中。
宮城県庁のHPを見てみても、さすがに更新されているわけもなく。
何度か電話がかかってきたけど、全然わからないと答えるのみ。

その内コンビナートの火事をTVで見た子が帰ってきて、よくよく聞いてみると、どうやら大小含め東日本が全体的に揺れたらしく、大阪とかも揺れたらしいとか。

そこから(shatyouが居なかったのもあって)ニコ生でTV放送をずっと見てました。

驚くべき映像。
想像を遙かに超えた映像。
リアルタイムで津波の映像。

軽々しく流れていく車、家、コンテナ。
横倒れした超でっかい船。

そして安否がわからない仙台の人。

結局仙台の人は無事だとの情報は得ましたが、その方の家族はまだ連絡が取れないとか。
ちなみに津波前の情報。

帰宅してからずーっとTV。
想像以上の被害が明らかになって翌日へ持ち越す・・・。

段々被害状況が明らかになってきた2日目。

壊滅した町とか。
海と一体化した仙台空港。
若林区で打ち上げられた数百の死体。
福島の原発騒動。

津波の被害がひどすぎてその他の地震被害の情報があまり入ってこない。
きっと生きてる。
あのサバイバルになると目が爛々と輝きそうな人間の家族だから。


帰り間際に持ち上がった来週からの会津若松の工事。
被害状況はさほどひどくはないとの情報は得ていました。
断水も一部、停電も一部、道路陥没とかはない。

これが一体どうなるのか。

仙台の方のオフィスはぐっちゃぐちゃ、余震もまだまだ続行中。
東京本社も揺れはしたけど無事。
会津若松も無事。

さあ、一体どうなるのか。

工事はやりますよ、と言われたら行くしかない。
初めから車で行く予定だったので道路があって通行止めじゃなければ着くだろうけど・・・。
まぁこれはまだ連絡待ち。


こんな災害時には必ず電話・携帯電話は使えない。
メールは使えるけど自動受信はしないとか。
もしメールが使えないお年寄りだったら安否確認も出来ない。

今回結構活躍したのはツイッター。
結構役立つ情報が沢山リツイートされてて、全く揺れなかった広島県人の私ですら「ほっほぅ」と思う物が一杯。
フォロワーが多い人なんて特にリツイートすれば有益な情報が流せたはず。
ただその沢山のリツイートで見逃したものも一杯あったはず。
でもツイッターで一言「生きてます」って文字が見れたら、とっても安心出来るだろうなとか。

同時にツイッターでRTされている中にも怖い文字がちらほら。
「自家発電で頑張っていますがそれが止まればICUが全滅です。」とか。
住所付きで「弟が建物内に閉じ込められています!助けてください!」とか。

そしてこんな大惨事にやっとまともなツイッターの使い方を知る。
RTはRTする人間が居る限りずっと流れる。
公式RTにすると、発言した人が内容を消せば公式RTされたものも消える。
日付・時間を付けて発言する。
などなど。
「閉じ込められています!助けて下さい!」っていうツイートを何度か見たけど、RTされるばっかりで連絡済みやらどうやら全くわからず・・・。


とりあえず。

広島は大惨事に見舞われる事があまりない(気がする)。
台風もなぜか避けられる。
地震も10年前の震度5が最後。
瀬戸内海なので津波もこない。

でも何があるかわからないから、そんなときの為に・・・


携帯の充電器と、電池で充電出来るモノは用意しておこう。
後は大量の電池と水とチョコ。
きっと生き延びる。


自然の力の前には人間なんて太刀打ちできない程にちっさい存在なんだと。
その後の復興は人間の力でやるので、人間も侮れない・・・はずだと信じて。

Guide
  •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
  •  …この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
 

~ Comment ~

  ※コメントの編集用
  シークレットコメントにする (管理者のみ表示)

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

MENU anime_down3.gif

同じカテゴリの記事が一覧表示されます
同じタグの記事が一覧表示されます
更新月別の記事が一覧表示されます
キーワードで記事を検索
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。