スポンサーサイト

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Guide
  •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
  •  …この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
  • Edit
  • TB(-)|
  • CO(-) 
 
 

【201】結構なめてた

【201】結構なめてた

退職して半月休んで働いて、また休みに入ったノリックです、どうも。

11月25日に退職して、早3ヶ月が過ぎました。

12月17日~2月29日迄は、昔を思い出し派遣として働いていましたが、3月1日からは晴れてニート。
夢にまで見たニートです。
毎日9時まで寝てます、ダメ人間まっしぐらです。

働いている時は働いているなりの、ニートの時は仕事が無いなりの、ストレスがかかっているようです。
人間って難しい…

11年間、休む間もなく(日・火は休んでたけど)YESマンで働いてきたので、急に暇になると調子が狂うようです。

最近は人生は初のまともな就活に向けて、履歴書とか職務経歴書とか作成してます。
志望動機なんて聞かれたらどうしよう…

「事務職で、そこそこの給料だったんで志望したにきまってるだろ」

と本音はこうですが、決して言うなとクギを刺されました
安心して下さい、言いませんよ。
大人ですから。
自己PRも生まれて初めて書きましたが、上出来だと言われましたよ!
そういう作文は結構得意な方なんですよ、うふふ。

前の仕事内容が結構多岐に渡っていたんで、そこそここなす事は出来ますよ、安定ある正社員の仕事下さい。



さて。
久々に何で更新したかというと、明日が3月11日で震災後5年目だから。

最近ずっとTVで流れてますよね、当時の映像とか。

私は当時現地にいませんでしたが、4年経った宮城県にしばらくいたので、思い出した次第です。

震災の日は、仙台に居る人と電話で話した後、20分ほどで震度7が宮城県で・・・とラジオから流れて来たんでした。

その電話で話した人、生きてないかも?と思いましたけどね。
TVで流れる映像は、津波の映像ばっかりだったし。
でもサバイバル能力がかなり高そうだったんで、きっと大丈夫!と思ってたら、普通に生きてました。
仙台市中心部だったんで、津波の被害は全くなかったそうですが、地割れとかはあったらしい。

初めて仙台に行ったのは震災後3年でしたが、4年経った宮城の海っぺりは、なんにもなかったです。
何にも無い風景が変わらずそこにあっただけでした。
多分当時はがれきの山だったはず…。

DSC_15151.jpg

DSC_15141.jpg

大船渡市へ行った時に撮影した。
そこで生活している人がいるのに、観光気分じゃなかったけど、それでもカメラをかまえて撮るのは何となく心が引けて車から。

DSC_15251.jpg
一本松みたいに観光化してるところは平気だけど、それでもここの周辺もなーにもなくて、こんなに奇麗に無くなるものなんだと。
はなからそこには何もなかったかのような風景が広がってけど、津波前は勿論家は沢山あったようで…。

当時の仙台は、津波で流されてるし、中心部の津波の被害はなかったけど、中心部~西側も電気がなくて、充電は切れるし、備蓄食料も底をつくし、スーパーには何もないしで、大変だった、と。
車のガソリンを満タンにしていたらから、それで何とか携帯の充電はして、みたいな現地の人の話を聞くと、備えは大事だと思いました。
あの日から車のガソリンは常に満タンだそうです。
減ると怖いそうで。

ちなみに今年の大寒波で、西日本やばいかも~の時は、この言葉を思い出し、ガソリンを満タンにしましたが、全然普通でした。
午後には雪はほぼなしだったし。
でも話を聞いていなかったら、ガソリン満タンなんて思いつかなかったかも。



ところで広島は、8月6日朝8時15分に大抵の市民は黙とうをします。
TVもNHK、教育、RCC、TSS、広島TV、ホームテレビと6チャンネルしかないですが、ほぼ平和祈念式典を流してます。
8時15分になったら、平和の鐘がポーンと鳴って、TVを見ている人や、現地に居る人、ラジオを聞く人、自らする人、と黙とうをします。

仙台に行った時、3月11日午後2時46分に全員黙とうをしていました。
私は何が始まるのかわからなくて、みんなが静かに黙とうを始めたのを見て、あぁ今日は東日本大震災の日だと気付いた程。
広島に居たら8月6日は当然のように黙とうしてるし、8月6日に海には絶対入らない。
全国民が当然の様に原爆記念日を知っていると思っていたけど、広島県人以外は案外しらなくてショックを受けたのに、あんなに大被害の有った、しかもほんの数年前の震災は遠くに居た私には、黙とうなんて思いもつかない程の事だと自覚して、これまたショックですよ。

そして震災前日の3月10日が東京大空襲の日だと言うのも、毎年忘れている出来事でした。

何が言いたいかというと、原爆の日も震災の日も、仕事だったとはいえ折角関わったんだから、黙とうはしようという事でした。
そして多分、復興なんて当分無理なんだろうな、と4年後の町を見た感想。
それに津波が来た場所には怖くて住めないな、と現地を実際に見て思った。
広島の八木地区で土砂崩れがあったけど、そこも怖いな、と。
ただそこに昔から住んでいる人は、離れたくなかったり、離れたいけど離れられなかったり、色んな理由があって住み続けている。
多分津波のあった地域の人たちも同じなんだろうな、と。

後、なーんにも無い荒地に、ポツーンと残っている全壊した建物。

何で取り壊さないのかね?って聞いたら、持ち主・親族が見つからないから、だそうで。
結構そういう建物が残ってたんだけど、この前見たTVでは、あえて残しているという人も。
そういう建物が全部あえて残されているものだったらいいなーと思ったのでした。

きっともう二度と東北に行く事はない。
それはそれでちょっとさみしい。
もっと観光したかったなー。

Guide
  •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
  •  …この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
 

~ Comment ~

  ※コメントの編集用
  シークレットコメントにする (管理者のみ表示)

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

MENU anime_down3.gif

同じカテゴリの記事が一覧表示されます
同じタグの記事が一覧表示されます
更新月別の記事が一覧表示されます
キーワードで記事を検索
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。